本文へスキップ

クリスマスローズの育て方とガーデニング 花と園芸植物の販売情報

若泉ファームのサイトにようこそ。お届けするクリスマスローズは最新花品種コンテストで最優秀賞を受賞したニゲルとチベタヌスの交配種「絹」、外覆輪のセミダブル「雅」、ホワイト糸ピコティ「First Kiss」、グリーンピコティ「翡翠」、赤い雄しべをもつ「卑弥呼」、 第四のクリスマスローズ「Shall We Dance」などオリジナル品種と、庭で楽しむガーデニングに最適なヤマアジサイを中心にネットショップにて種、苗、開花株を販売していますのでご利用ください。1月より3月はクリスマスローズ、4〜6月にはヤマアジサイの販売を行っています。

梅雨空を彩る注目の園芸品種 ヤマアジサイ ベスト25

初夏の空を彩るヤマアジサイの仲間たち ベスト25


初夏の庭を爽やかに空色、藍色、白、赤く彩るヤマアジサイの数々、日本古来の植物が見せる清楚な世界、海外のガーデナー達から圧倒的な人気を誇りセレクトされた最高品種を紹介いたします。

「紅(クレナイ)」
長野県の伊那地方で発見された品種で、咲き始めは白の装飾花が開き初夏の日光に当たることによりピンクから真紅に染まってくる。
ヤマアジサイの仲間では貴重な赤色を見せてくれ人気も大きい。

「千姫」
徳川秀忠の娘として戦国から江戸の時代に波乱の人生を歩んだヒロイン、千姫の名前を付けられた空色のヤマアジサイ。
装飾花は淡い空色、両性花は波乱の人生を歩んだ千姫のように凛々しく咲いている。梅雨の中、薄い空色の清楚な趣を見せてくれます。

「坊が鶴の華」
大分県の九重山で発見された八重のヤマアジサイ、坊が鶴の華。
ガク咲きの種類で清楚で薄い空色の装飾花を見せ、中心の両性花は若干濃い色で日光に輝くように花が咲いてくる。

「津江緑」
大分県で発見された非常に珍しい緑色を見せるヤマアジサイ。
姉妹種に「津江の告氈vがある。

「富士の滝」
富士山の麓で発見された八重の白花、富士の滝。
弁が丸い性があるため端正な姿を見せ、枝がしだれるような感じの大きな株に育てると花友達の目を楽しませてくれるでしょう。

「藍姫」
ヤマアジサイの人気品種、藍姫。
濃い藍色の花を咲かせてくれ梅雨空を明るく包んでくれる。

「トカラの星空」
鹿児島県のトカラアジサイとヤマアジサイの交配種。装飾花の周囲に切れ目が入り淡いピンク色の花を咲かせてくれるトカラの星空。

ガクアジサイ「大島拷ヤ」
伊豆諸島の大島で発見されたガクアジサイの大島拷ヤ。
咲き始めの両性花は緑色を見せ開くと濃いブルーに輝きます。

「爽風」
爽やかな風と書いて「さわかぜ」と読み、ブルーから赤紫色に装飾花の色が変化し独特な印象を見せてくれます。
ヤマアジサイのページ、巻頭を飾っているのが爽風です。

細かに白い散り斑を葉全体に見せ花付きも良い品種。「九重山」
緑の葉全体に白い散り斑が入りブルーの花と同時に葉の雰囲気も楽しめる人気品種。

「虹」
梅雨空に架かる虹のように花弁の色が空色からピンク、薄紫色と変化してくる装飾花の形も丸く人気も大きいヤマアジサイの種類です。

「鹿野の華」
半手鞠咲きヤマアジサイで咲き始めの装飾花は黄色を帯びた高ナ咲き進むにつれ赤みが増してくる。

「七人のコビト」
ディズニーの白雪姫に出てくるような、ヤマアジサイにしては珍しい名前を持っている種類です。
薄い空色の端正な花形を広げて、子供たちがディズニーで遊んでいる雰囲気を見せてくれます。

「紅剣 ベニツルギ」
白い弁の縁から桃色に染まり優しい雰囲気を見せ、両性花の軸色や本来の花弁も鑑賞価値が大きいヤマアジサイです。

「清澄沢」
千葉県、房総の旧天津小湊市の清澄山で発見されて白花で装飾花の周囲に赤く纏い付く覆輪が特徴。

「美方八重」
濃い空色の八重種。兵庫県の美方町で発見されたヤマアジサイで花も着きやすく庭植えに最適な品種です。

「石鎚の光」
愛媛県の石鎚山中で発見された濃いピンクの八重種です。

「黒姫」
奈良県にある万葉植物園に植えられていたヤマアジサイで山アジサイ人気のもとになった品種で名前は黒姫。
濃い紫色の花弁を見せ茎が黒く筋だっている。

「瀬戸の月」
装飾花の形が満月のように丸く咲くヤマアジサイ。
花色は桃色から空色と変化が出てくる愛くるしい小型種です。

「剣の舞」
四国の剣山で発見されたとされる八重のヤマアジサイ「剣の舞」。
花数が多く咲き乱れて梅雨空を楽しませてくれる爽やかな花色のヤマアジサイです。

「乙女の舞」
徳島県で採取されたヤマアジサイで濃いピンク色の剣弁八重咲き種です。
日陰で花が開くと淡い空色で咲くときもあります。
木沢村で発見されたため「木沢の光」と呼ばれることもある。

「海峡」
済州島で発見された品種で濃い藍色の装飾花で両性花は細かく数多く見せて目を楽しませてくれる。

「王冠」
王様の冠を飾るように両性花が梅雨の最中の太陽の日を浴びて輝くように咲き誇り、緑色を見せていた葉も茶色く色づきます。外側に広がる装飾花は灰色が買ったブルーで非常に美しい。

「七段花」
シーボルトが「日本植物誌」の中でヨーロッパに紹介した後、行方が知られていなかったヤマアジサイで兵庫県の神戸山中で百数十年後に再発見された種類です。

「青甘茶」
仏教で釈迦の誕生を祝って行う灌仏会で釈迦像にかける甘茶の一種で薄いブルーの装飾花と中心の濃いブルーの両性花が非常に美しい。

http://www.wakaizumi-farm.com/shop/19.html

 


庭遊び ヤマアジサイの花 新発見