クリスマスローズの開花株販売は1月から開始いたします。 通信販売会員募集中  会員だけがご購入できる限定プレミアム品種の開花株をコレクションできます。会員登録と同時にポイントがつき購入金額によりさらにポイントがプラスされます

クリスマスローズの絹 ニゲルとチベタヌスの交配種
WAKAIZUMI FARM直営ネットショップ。日陰の庭のシェードガーデニングに最適なクリスマスローズのシングル(一重咲き)ダブル(八重咲き)系統を中心に、オリジナルの種や苗と開花株を専門に生産から通信販売まで一貫しておこなっています。生産販売しています品種では白の糸ピコティダークネクタリー・希少種赤シベの卑弥呼・チベタヌスの交配種「絹}を始めピコティバイカラーなど美しい花を作出し原種や他の交配種とともに園芸店への卸売りとインターネットでの通信販売をおこなっています。
オリジナル品種の育種については、園芸家の皆様への提案として日本人の繊細な感性と日本列島の気候や環境にあった最高品質のガーデンハイブリットを生産し販売します。

クリスマスローズカテゴリ






このエントリーをはてなブックマークに追加





 

会員ボックスとサイト検索ボックスは、ショップTOPページに設置しています。ご利用ください。




宅急便コレクト お届け時カード払い


クリスマスローズの開花株・花苗・種はクロネコ・ヤマト運輸の代金引換コレクト便でお届けいたします。
商品のお届け時に現金、あるいは各種カードにてお支払いください。
お買い求めいただきましたクリスマスローズ代金のお支払いはクレジットカード・デビットカードがご利用できます。お届け時コレクトで承りますのでどうぞご利用ください。

http://www.wakaizumi-farm.com/shop/0.html
携帯QRコード

 寒く指が凍える冬の季節に春が来る喜びを知らせてくれるクリスマスローズ。
可憐に凛として冬の寒風にさらされながらも花を咲かせ、自身の存在をガーデナーに知っていただけるよう咲いてきます。さあ美しいクリスマスローズの庭を皆さんと共に探索してみましょう。
クリスマスローズ開花株の販売は1月より4月上旬、種子の販売は5月より9月、苗の販売は9月から12月の予定です。

    お買い上げいただきましたクリスマスローズのやさしい育て方  

http://www.wakaizumi-farm.com/


お買い上げいただきました種・苗・開花株の育て方につきましては、ホームページサイトに種や苗からの基本的なクリスマスローズの育て方を含め、季節ごとの栽培管理方法を詳しく解説していますのでご利用くださるようお願いいたします。

  お買い上げいただきましたクリスマスローズ開花株の基本的な育て方と植え替え

   クリスマスローズ 赤 クリスマスローズ ピンク
                                         クリスマスローズ グリーンスポット 糸ピコティ
                 クリスマスローズ 紫 クリスマスローズ ダブル

御注文いただきましたクリスマスローズの開花株は2月中旬以後、春の新葉が出てくる頃に今の鉢より一回り(プラス4〜5センチ)大きく深い鉢に植え替えてください。

クリスマスローズを栽培する鉢の使い方

 植え替えの前日に新しい植え替え用土を水で湿らせてください。

鉢の材質はプラスチック鉢・土で作られた駄温鉢やテラコッタなどを使用しますが特に鉢の材質や価格に拘ることはありません。
今の鉢より極端に口径の大きな鉢は土の中に含まれる水分の量が多くなり根の発達に障害が発生することが出てきますので使用は避けるようにしてください。
口径15センチ前後の鉢で購入した場合30センチとか35センチの鉢は避け、口径20センチ前後の深鉢を使用してください。

極端に縦に長い鉢を使用すると根腐れや夏の灌水が難しくなりますので避けるようにしてください。

標準的な用土の組み合わせは赤玉土中粒と小粒半々5〜6割、腐葉土4〜3割、軽石(バーミキュウライトや鹿沼土など)1割程度を混合して用土を水で湿らせてから使用します。

出来れば主用土に適量の燻炭や消石灰・貝化石を用土に混合してPHを中性にします。

この時点でマグアンプなどの緩行性肥料(肥効3ヶ月用)を基肥として一鉢あたり小さじ山盛り1杯程度用土に混合することもできます。

植え替えするクリスマスローズを植えこんだ鉢土を1〜2日ほど水分が抜けるよう乾かしてから、鉢から抜き出し鉢底でルーピングしている根と脇根の土を軽く解します(下の画像参照)。

(用土を乾かしておくと根ほどきが簡単にでき植え替え時の根のダメージを少なくすることができます)

根ほどきする前のクリスマスローズ クリスマスローズの根ほどきした状態 根ほどきしたクリスマスローズ 根

植え替えの方法は新しいポットの底に中粒の軽石か発泡スチロールを親指くらいに砕いたものを一列ほど敷き詰め、その上に湿った用土を置き、根鉢を崩して根裁きをしたクリスマスローズの根を拡げるようにして置き根鉢の周りに用土を詰めます。

クリスマスローズの株脇に詰めた用土を割り箸(ステンレス製のバーベキュー串)などで揺するように突き詰め根と土が十分に接触するようにし、表面に出ている根茎や根は用土で隠れるようにする。

用土の上面から2〜3センチほど空間をつくりウオータースペース(水しろ)を作るようにします。

植え替えの時点では水を与えず翌日の朝早く十分に水を与えます

根裁きをされ水を含んだ新しい鉢土に植えこまれたクリスマスローズの根は、夜のうちに水を求めて新しい根を盛んに発生させようとします。
このようにしますと植え替え後の発根が非常に良くなりその後の生育にも役立ちます。

         チベタヌス
卑弥呼原種を使ったダブル
     ヘレボルス八重 
 

秋になったら、もう一度植え替えしてください

平均的に育った鉢の中の根は秋9月頃になると7〜8割方詰まってくる頃と思われますので、秋10月頃になりましたら、もう1サイズ(3〜5センチ)大きな鉢に根を軽く解してから植え替えすることをお勧めいたします。
翌年の2月頃から始まりますクリスマスローズの開花シーズンに先駆けて、夏の間に分化した花芽を育てるために植え替えます。
植え替え作業の方法はお求めになった春の植え替えと同じです。

 植え替え後の肥料について

植え替えたばかりのクリスマスローズの株には7日から10日間くらいは肥料を与えないようにしましょう。

根を解しての植え替えですので、切られた根の部分から新しい根が発生してくるのに1週間から2週間ほどかかります。

植え替え後にある程度の時間を与えないで肥料を与えると肥料焼けをおこしたり、最悪の場合は根を腐らせてしまう原因となることが有りますので注意をしてください。

有機肥料 液体肥料

バイオゴールド

クリスマスローズを栽培する肥料の扱い方

四季の管理

(肥料の効果的な使い方について)
クリスマスローズには鉢植え・庭植えともに暑い夏の季節(5月中旬より9月末)には一切与えません。
気温の高い季節に肥料を与えると根腐れをおこしやすくなり株を枯らす恐れがあります。
10月から5月中旬までは花用の液肥(花工場・ハイポネックス)か固形肥料(プロミック・花工場スティック・IB化成など)を与え続けます。

マグアンプは用土の上に載せるのではなく必ず用土に混合して使います。

(マグアンプは施肥の初期は灌水によって肥料成分が土の中に溶け出し、その後土の中に住んでいるバクテリアによって肥料成分が分解され土の中に溶け出します)

液肥は説明にある規定の希釈にし1週間とか10日おきとか、決めた間隔で施肥をするようにすると施肥効果が大きくなります。
固形肥料や有機肥料は用土の上に置くようにし用土には混合しない
鉢植えで固形肥料の効果を大きくするには株の近くに肥料を置くのではなく鉢の周囲に置ようにします。

(水やり)
6月から9月末頃までは夕方4時以降に鉢底から水が抜け出るまでたっぷり与えます。
気温が30度を超えるような季節は日が陰った4時以後に灌水して暑さで高温になった鉢土の温度を冷たい水で下げるようにします。
秋10月から初夏5月末までの最高気温が25度以下の季節は出来る限り午前中に与えます。
土の夜間温度をむやみに下げないようにする。

(置き場所)
暑い夏(6月下旬〜9月末頃)の季節は西日の当たらない午前中2〜3時間日光の当たるような、家の東側や落葉樹の下か半日陰の場所に移動します。10月より4月末頃まではたっぷり日光に当てます。
鉢は直接土やコンクリートなどの上に置かず、鉢底の空気が流通するように苗ケースや簀の子などで隙間を作るようにします。
    
(鉢栽培の植え替え  無雪地帯)
開花株の植え替えは10月頃か、春の2月〜3月頃が最適な季節です。
鉢から抜き出し底に回った根を軽くほぐし元の鉢より直径3〜4センチ大きな鉢に植え替えをします。このときに使用する主用土の赤玉土は水はけの良い中粒を使います。

(北海道など北国での植え替え)
東北地方や北海道など気温の低下が速く来る地方は、開花中の春の彼岸頃か8月末から9月が植え替えの適期です。

(殺虫・殺菌剤の使用について)
春、3月頃からアブラムシが活発に動き回ります。
4月頃からハダニやホコリダニなどが11月頃まで発生してきます。

この頃から殺虫剤の散布を定期的(2〜3週間程度)に行います。

また花茎や葉に立ち枯れ病や灰色カビ病の被害が発生してきますので殺菌剤の散布を行います。
殺虫剤・殺菌剤の使用については必ず使用説明書を読み独断解釈での使用は避けます。
殺虫剤・殺菌剤は濃度を濃くして使うより、薄めにして回数を多くする方が効果が高くなります。

殺虫剤 殺菌剤スミチオン殺虫剤アファーム乳剤

(庭植えの場合)
庭植えは夏を基準に植え込む場所を選定します。
西日の当たらない落葉樹の下か家の東側を選び、気温が高い夏の季節は午前中2〜3時間ほど日光が当たる場所に植え込みます。土質は粘土質で無ければ特に選ぶことはありません。

植え込みの最適な季節は10月から11月、2月中旬から3月頃が植え込みの最適期です。
直径30センチ・深さ30センチほどの穴を掘り取り出した土と腐葉土・消石灰大さじ(山盛り)一杯程度を混合し植え込みます。
多数のクリスマスローズを植え込む場合には必ず50〜60センチほどの間隔を開けます。一年二年と株が育ってきますと思いもよらない大きさになることがあります。一度庭などに植え込んだ場合には4〜5年間は植え替えの必要は有りません。

春の開花時期の花立ちが悪くなったり花芽が株の周囲に寄ったりして、咲き終わった株もとが板のようになったりした6〜7年後に掘り出して株分けをし増殖してください。

クリスマスローズの株分け方法

庭に植えこまれたクリスマスローズ クリスマスローズ ギボウシ スイセン

花 以上一般的な環境での管理方法ですので子細については下記のリンクを参照してください。