HOME 12ヶ月 病気と害虫  物語と図鑑 初心者のための 四方山話 栽培ノート 写真 寄せ植え 通信販売
The Gardener's Guide to Growing Helleborus
クリスマスローズの花言葉 いたわり
花言葉は中世ヨーロッパで、騎士が戦場に行くとき村に残した恋人に花を贈り、その花のイメージに託された言葉の意味(花言葉)を伝えたことや、野山に咲く草花にキリスト教のシンボル的な意味が込められてヨーロッパの国々で発生してきたと伝えられています。

花言葉には、紀元前から古代ヨーロッパのギリシャやローマなどに伝わる神話や伝説からその花言葉がとられたものが多く、一片の花が咲く季節やその花が醸し出す香り、花の色、花や草の姿からイメージされたものなどがあります。

聖書のイブとアダムの伝説から「リンゴ」の花言葉には「誘惑」と、純白のバラや白百合には「純潔」、凍えるような冬が立ち去り、雪が消え萌え出る春を告げ野原に咲き乱れる可憐な白いスズランやヒナゲシには、寒く厳しい冬が過ぎ明るい春が来た喜びを表し「希望」などの花言葉が示されています


クリスマスローズの名前のもとになったヘレボルスの原種ニゲル、  レンテンローズ花言葉は何だろう
ニゲル 花言葉は清楚  レンテンローズ花言葉はいたわり

クリスマスローズを始め、私たちが日々愛でている多くの花(植物)には幾つもの「花言葉」が付けられています。

その花たちに、いつ頃から花言葉を、何故、誰が名付けたのか解りませんが、きっと庭や野山に咲く花の色や形、花の季節のイメージを信仰の中や民族の歴史の中に、日々の生活の中に取り入れ花言葉に印したものでしょう。

クリスマスローズの花にも、幾つかの花言葉が古くから付けられています。

「追憶」・「私を忘れないで」・「私の不安を取り除いてください」・
「慰め」・「スキャンダル」、、、と。


これらの花言葉の一語一語を探ると、クリスマスローズの花が小首を傾けるように、遠くから寄せ打つように響いてくる何かを聞こうとするように、凍り付くような冬の寒さに耐えやがて来る春を待つように、クリスマスローズの花が持っている歴史の中に秘められた何かを、そして心の奥底に秘められた苦悩を訴えるように、うつむいて花弁を密やかに開く様子が上の花言葉の一つ一つに印されているようです。

スイセン

スイセンの花言葉はうぬぼれ 希望 自己愛 神秘    スズランの花言葉には純真」「繊細」「意識しない美しさ」

ユリの花言葉は 白百合の花言葉は純潔

クリスマスローズにつけられた花言葉は「追憶」・「私を忘れないで」のように、人の心を癒し、怒りを鎮め、遠く過ぎ去った時代を思い慰めるかのような花言葉が散りばめられていますが、古からクリスマスローズに付けられた花言葉に、今、もう一つ花言葉を新たに加えるとしたらどのような言葉が有るでしょうか?。

そのクリスマスローズの花言葉は
クリスマスローズの花言葉は優しさ 花言葉はいたわり



いたわり



クリスマスローズの花言葉はいたわり

と、クリスマスローズの花言葉をWAKAIZUMI-FARMではイメージしています。

クリスマスローズの伝説・原種ニゲルのお話し
クリスマスローズ通販 花物語りと花図鑑