クリスマスローズの開花株販売は1月から開始いたします。 通信販売会員募集中  会員だけがご購入できる限定プレミアム品種の開花株をコレクションできます。会員登録と同時にポイントがつき購入金額によりさらにポイントがプラスされます

クリスマスローズの絹 ニゲルとチベタヌスの交配種
WAKAIZUMI FARM直営ネットショップ。日陰の庭のシェードガーデニングに最適なクリスマスローズのシングル(一重咲き)ダブル(八重咲き)系統を中心に、オリジナルの種や苗と開花株を専門に生産から通信販売まで一貫しておこなっています。生産販売しています品種では白の糸ピコティダークネクタリー・希少種赤シベの卑弥呼・チベタヌスの交配種「絹}を始めピコティバイカラーなど美しい花を作出し原種や他の交配種とともに園芸店への卸売りとインターネットでの通信販売をおこなっています。
オリジナル品種の育種については、園芸家の皆様への提案として日本人の繊細な感性と日本列島の気候や環境にあった最高品質のガーデンハイブリットを生産し販売します。

クリスマスローズカテゴリ
Domestic sales only





このエントリーをはてなブックマークに追加





 
会員専用 クリスマスローズの育て方と販売情報ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜





宅急便コレクト お届け時カード払い


クリスマスローズの開花株・花苗・種はクロネコ・ヤマト運輸の代金引換コレクト便でお届けいたします。
商品のお届け時に現金、あるいは各種カードにてお支払いください。
お買い求めいただきましたクリスマスローズ代金のお支払いはクレジットカード・デビットカードがご利用できます。お届け時コレクトで承りますのでどうぞご利用ください。

http://www.wakaizumi-farm.com/shop/0.html
携帯QRコード

 寒く指が凍える冬の季節に春が来る喜びを知らせてくれるクリスマスローズ。
可憐に凛として冬の寒風にさらされながらも花を咲かせ、自身の存在をガーデナーに知っていただけるよう咲いてきます。さあ美しいクリスマスローズの庭を皆さんと共に探索してみましょう。
クリスマスローズ開花株の販売は1月より4月上旬、種子の販売は5月より9月、苗の販売は9月から12月の予定です。

  クリスマスローズの開花株の易しい手入れ方法 (関東地方基準)

 クリスマスローズの植え替えは

開花時期の1月頃からショップでは色とりどりのクリスマスローズ開花株が販売されます。
若泉ファームのネットショップと直売から購入いただきましたクリスマスローズは加温等の作業はおこなっていませんので、お客様が通常管理されている庭やベランダなどに置いてお楽しみいただけます。

厳冬期の関東地方以北(群馬・栃木・福島県以北)の場合、また積雪地帯や山間部では積雪・寒風や霜による凍結が予想されますので夜間は暖房をしていない玄関などに取り込むことをお勧めいたします。

植え替えは通常2月から3月にかけてクリスマスローズの生育が開始される頃におこなうことをお勧めします。
植え替えの時には1サイズ(3〜4センチ位)大きな鉢に軽く根を解しての作業のみにとどめ、極端に根基を解したり根の水洗いは避けるようにしてください

クリスマスローズ ブルーブラックの大株 クリスマスローズ パーティドレス系ダブル


 花が咲き終わった後は

地植えのクリスマスローズは鉢植えの株より遅れて咲いてくる傾向にあります。
関東や東海地方では3月末になると花色が褪せて来ます。

クリスマスローズの花と言われている部分は、本来植物の花を包んで保護している萼片のため花色が褪せてくるのと同時に、花そのものが本来の大きさより大きくなります。
基本としてクリスマスローズの花が終わったら(花の雄しべが落ち褪色してから)花茎を根元から4〜5センチ残して切り取ります。

あるいは花が咲き終わって花色が褪色してきた頃に受粉した雌しべが大きくなってきますので、種を採取しないときには雌しべのさや部分だけを取り去る。

クリスマスローズの種さや種の入っている種さやの部分だけを取り去る。

茎を切り取る前クリスマスローズの花色が褪色した花茎を切る前。

茎を切り取ったクリスマスローズの株咲き終わった花茎を切り取ったところ。空気の流入が大きくなり病害の予防、用土の加湿を防ぐことが出来ます。

切り取った花茎切り取った花茎。

切り取った残りの茎は数ヶ月(梅雨の頃)しますと腐ってきますので、鉢上の掃除をかねて灰色カビ病や軟腐病などの病気予防のために腐った軸を抜き取ります
窒素成分が少なくリン・カリ成分が多い肥料を関東地方基準で5月下旬頃まで与え続けます。
落葉樹(モミジやケヤキなど)の葉が茂ってきた5月末頃から半日陰の場所に鉢を移動させたり、遮光ネットを地上2メートル程度の高さにかけて夏の強い日射からクリスマスローズを守るようにする。

 お礼肥はしっかり

クリスマスローズの花が咲いている時期を含め花が終わってからも肥料はしっかりと与えましょう。
花が咲いている頃に新しい葉を旺盛に発生させますので、お礼肥として窒素・リン酸などの成分を含んだ肥料を5月末頃まで与えます。

 次回の植え替えは

株分け・植え替えは必ず厳寒期に入る前(10月頃から11月中頃)に行い、霜が強くなったり雪が降る頃には鉢の中に十分な根をはれるようにします。
春の植え替えは気温が高くなり始める3月中頃までに済ませて、肥料は植え替え後1週間以上過ぎてから与えるようにします。

クリスマスローズ 原種ニゲル   クリスマスローズ 翡翠

 クリスマスローズに発生しやすい主な病気と害虫

害虫
(主として花・蕾・茎・葉を食害したりウィルスを伝播させます)
アブラムシ    ハマキ虫   ダニ   スリップス    蝶    蛾       コナシラミ       ヨトウ虫

病気
春や秋に発生する病気)
立ち枯れ病   ベト病   ブラックデス   灰色カビ病   炭疽病   ウィルス病

(夏に多く発生する病気)
軟腐病

 病虫害の防除

殺虫剤・殺菌剤の散布はクリスマスローズの花に対する薬害を防ぐため開花期は出来る限り避けるようにします。クリスマスローズの蕾が大きくならない秋のうちにしっかりと散布します。

一般的な殺虫剤(スミチオン・マラソン・アクテリック・オルトラン)
一般的な殺菌剤(サブロール・ダコニール・ジマンダイセン・ベンレート・トップジン)
一般的なダニ剤(スミナイス、オサダンなど)

立ち枯れ病 クリスマスローズの葉裏に発生したアブラムシ

2月頃になりますと立ち枯れ病や灰色カビ病などが発生しやすくなります。

クリスマスローズの育て方の詳しい説明は下記のリンクページを参考にしてください。

   クリスマスローズ初心者のためのページ
http://www.wakaizumi-farm.com/siyosinnsiya-1.html

 クリスマスローズの育て方12ヶ月 今月のサポート
http://www.wakaizumi-farm.com/newpage27.html

 種・花苗からの育て方(病気と害虫)
http://www.wakaizumi-farm.com/newpage13.html

 クリスマスローズの花とお話BLOG
http://wakaizumi.blogspot.com/