クリスマスローズの開花株販売は1月から開始いたします。 通信販売会員募集中  会員だけがご購入できる限定プレミアム品種の開花株をコレクションできます。会員登録と同時にポイントがつき購入金額によりさらにポイントがプラスされます

クリスマスローズの絹 ニゲルとチベタヌスの交配種
WAKAIZUMI FARM直営ネットショップ。日陰の庭のシェードガーデニングに最適なクリスマスローズのシングル(一重咲き)ダブル(八重咲き)系統を中心に、オリジナルの種や苗と開花株を専門に生産から通信販売まで一貫しておこなっています。生産販売しています品種では白の糸ピコティダークネクタリー・希少種赤シベの卑弥呼・チベタヌスの交配種「絹}を始めピコティバイカラーなど美しい花を作出し原種や他の交配種とともに園芸店への卸売りとインターネットでの通信販売をおこなっています。
オリジナル品種の育種については、園芸家の皆様への提案として日本人の繊細な感性と日本列島の気候や環境にあった最高品質のガーデンハイブリットを生産し販売します。

クリスマスローズカテゴリ






このエントリーをはてなブックマークに追加





 

会員専用 クリスマスローズの育て方と販売情報ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜





宅急便コレクト お届け時カード払い


クリスマスローズの開花株・花苗・種はクロネコ・ヤマト運輸の代金引換コレクト便でお届けいたします。
商品のお届け時に現金、あるいは各種カードにてお支払いください。
お買い求めいただきましたクリスマスローズ代金のお支払いはクレジットカード・デビットカードがご利用できます。お届け時コレクトで承りますのでどうぞご利用ください。

http://www.wakaizumi-farm.com/shop/0.html
携帯QRコード

 寒く指が凍える冬の季節に春が来る喜びを知らせてくれるクリスマスローズ。
可憐に凛として冬の寒風にさらされながらも花を咲かせ、自身の存在をガーデナーに知っていただけるよう咲いてきます。さあ美しいクリスマスローズの庭を皆さんと共に探索してみましょう。
クリスマスローズ開花株の販売は1月より4月上旬、種子の販売は5月より9月、苗の販売は9月から12月の予定です。

 クリスマスローズ種からのやさしい育て方

四季の草花や樹木を庭に植えたり、窓際のベランダを花で埋め尽くす、咲かせた花を花瓶に活け込みテーブルや玄関に飾る、草花を育て愛でるガーデニングには様々な楽しみ方があります。

咲いている鉢植えから、苗から、それとも種から。

小さな種を蒔き時間をかけ植物を育て花を咲かせることは園芸の王道とも言われています。
ガーデナーの手を凍えさせながら、寒い冬のさなかクリスマスローズの種が土を持ち上げ新しい生命が誕生し双葉を開かせることから楽しみましょう。

クリスマスローズ種さや クリスマスローズ種
花粉つけ後2ヶ月(4月)とクリスマスローズの種子

クリスマスローズ発芽 クリスマスローズ発芽苗
発芽(1月初旬)と本葉を発生させようとしているところ(3月中旬)

種を土中保存し9月から10月に鉢に種子を蒔く方法

クリスマスローズ種まきの最も易しく安心できる方法です。
茶こし袋に種子とバーミキュライトあるいはパーライトを 大さじ山盛り5杯くらい入れ、殺菌剤のダコニールかベンレート500〜1000倍液に浸して種が水を十分に吸い膨らむようにしてください。
(家庭で小豆を煮るときに水で小豆を膨らませるのと同じ要領です)

クリスマスローズの種保存(種はチベタヌス) クリスマスローズの種保存
採取直後の乾燥したクリスマスローズの種子と水で戻し膨らんだ種子

土中で高温処理を行っている期間、種子と種子が直接接触したままにすると保存期間中に種が腐敗する恐れがありますので、必ず十分な量のパーライトなどを入れるようにしてください。

次に赤玉土中粒を入れた7〜8号程度の鉢中央に茶袋を赤玉土と共に入れ灌水します。
その後は雨や直射日光の当たらない戸外で土や種子が乾燥しないように灌水し9月中旬以後の種蒔きの時期まで日光の当たらない日陰で保存してください。

クリスマスローズの種保存鉢に保存

種の保存期間中は赤玉土の表面が白く乾く前に灌水してください。
保存した種は雑菌に犯され腐らせないよう、4〜6週間に1回程度、ダコニール(1000倍)かベンレート(500倍)などの殺菌剤を灌水代わりに鉢土に流し込みます。
9月中旬〜10月下旬頃に口径15センチほどの鉢に赤玉土小粒を7分目ほど入れ、用土を濡らしその上に直接保存していたクリスマスローズの種を撒きます。

クリスマスローズの種まきクリスマスローズの種子の種まき

種まきが終わりましたら、種の上に1センチ弱ほど赤玉土小粒をかけ発芽の季節まで用土や種を乾燥しないように注意し、直射日光や雨の当たらない戸外の場所(縁の下など)で保存します。
秋、種を蒔いてから発根発芽までの数ヶ月はクリスマスローズの低温処理の時間になりますので、決して家の中などには入れたり直射日光をあて過乾燥させたり雨に当てないように注意してください。 
 http://www.wakaizumi-farm.com/tane-hituyousei.html

すぐに種を撒く場合

ダコニールかベンレートなどの殺菌液を入れた容器に直接クリスマスローズの種を入れ、種が膨らむまで一昼夜おきます。
種の皺がなくなりふっくらしてきましたら口径15センチほどの鉢に赤玉土小粒を7分目 ほど入れ灌水し蒔き床を用意します。

クリスマスローズの種 直まき

その上に種を1〜2センチ前後の間隔で平均的に撒き赤玉土を1センチ弱ほどかけます。
その後は直射日光や雨などの当たらない戸外で用土や種子が乾燥しないように発芽の季節まで保存し、3〜4週間に一回ほど殺菌剤を赤玉土・種まで浸みるくらい流し込みます。
発芽までの期間は絶対に用土や種子を過度に乾燥させないよう注意し、用土の表面が白く乾いてきた頃に灌水をするようにしてください。

発芽までの期間は土や種の乾燥や過度の過湿に注意します。
雨ざらしの場所に置きますと土の跳ね返りなどで土に雑菌が入り、種を腐らせて発芽が出来なくなったりしますのでご注意ください。
クリスマスローズの種を蒔いてから発芽までの期間に赤玉土の表面にゼニゴケが発生することがありますのでご注意ください。

ゼニゴケの発生を防ぐには種を蒔いた鉢を黒のネットを被せるか、またはアルミホイールなどで日光を遮断すると発生を予防することが出来ます。

ゼニゴケゼニゴケ

翌年の1月中頃には双葉が土の表面に現れてきますので、発芽後は立ち枯れ病などに犯されないよう数週間ごとに殺菌剤(タチガレンなど)の散布を忘れないようにします。
またビニールポットなどへの移植は、関東地方基準で翌年に本葉が発生した3月中旬過ぎ、東北や北海道などの北国で4月中旬から下旬頃となります。

アルミホイール

●種の保存期間中に旅行などで灌水が不可能な場合は、鉢の表面を調理などで使う銀紙などのアルミホイールで覆うと、しばらくの間用土の乾燥を防ぐことが出来ると同時にゼニゴケの発生を防ぐことが出来ます。


発芽と発根、そして移植

クリスマスローズの発根
発根は11月下旬頃から始まります。

クリスマスローズの発芽
通常の管理をしていきますと1月中頃に発芽。

通常の方法でクリスマスローズの種を蒔いた場合、品種や種類にもよりますが1月中旬頃から2月にかけて発芽を始めます。
すでに11月末頃にはクリスマスローズの種の殻が割れ始め土の中では発根を始めていますので、初夏に種を土中に保存した場合には少なくとも11月始め頃までには種まきを済ませるようにします。

発芽を始めたら過度に蒔き土が加湿になったり乾燥しないように注意してください。
種を蒔いた鉢の置き場所はそのままでかまいませんが、日光に当て保存期間中と同様雨に当たらないよう注意し立ち枯れ病の予防のために殺菌剤の散布を3週間程度に一回ほど行ってください。
双葉の間から本葉が立ち上がってくる時期は種類や品種にもよりますが双葉が発生してから4〜5週間ほどかかります。

クリスマスローズの本葉 ポット上げの適期最適な移植のタイミング。

本葉が数センチほど立ち上がってきたら口径7.5センチか9センチのビニールポットに植え替えます。
植え付ける用土のブレンドは、基本として赤玉土を6割程度、腐葉土を3割程度、軽石か鹿沼土1割程度を混合します。
用土に混合する元肥(マグァンプK小粒など)は肥料効果が2〜3ヶ月程度のものを使います。
あるいは元肥を混合しないで5月末〜6月初め頃まで液肥(花工場・ハイポネックスなど)を1週間から10日に1回程度800〜1000倍くらいに希釈して与えます。

クリスマスローズ苗の移植3月末に移植されたクリスマスローズの苗

クリスマスローズ苗

必ず双葉の下部分まで土で隠すようにする。
双葉の下部まで用土で隠すことによって双葉の付け根からの発根が多くなりますので元気な苗を作ることが出来ます。(必ず守ります)

詳しいクリスマスローズの種のまき方

発芽苗の扱い方 初夏から真夏にかけて

クリスマスローズの苗をビニールポットに移植してから、しばらくすると新しい本葉が発生してきます。
品種によって本葉の数は変わってきますがおおむね2〜3枚程度となりますので、出来る限り肥料過多にならないよう注意しながら5月の終わりころまで液肥を与え続けます。

5月に入る頃になると気温25度を超えるような夏日が現れてきますので、温度や日射に注意し遮光の準備を開始します。
ホームセンターや園芸店などで販売されている銀色の遮光ネットを人の背丈ほどの高さにかけてクリスマスローズに暑い日光が当たるのを避けるようにします。

6月頃から始まる梅雨の季節になりますと、いったんは成長を止めたように見えるクリスマスローズの苗も新しい葉を伸ばそうとしてきます・

その頃は灰色カビ病が多発する季節になりますので病害を防ぐために殺菌剤の散布を忘れないようにします。

秋から冬に

暑さ寒さも彼岸までと言われるように、秋の彼岸頃から液肥や固形肥料を与えはじめクリスマスローズの植え替えも開始し、夏の間遮光ネットに中で過ごしたクリスマスローズも太陽の光に当てるようにします。

発芽苗のポット上げの時には小さなポットを使っていますので、クリスマスローズの根もポットの中に回っている頃ですので、12センチ前後のポットに植え替えるようにします。用土の混合比率はポット上げの時と同様にします。

植え替え後、1週間ほどしましたら固形肥料や液肥を与え始めますが、気温の変化が大きい季節ですので一度に多くの肥料を与えますと根腐れなどを引き起こす恐れがあります。
東北南部、関東地方でしたら10月末頃までに作業を終わらせてクリスマスローズの肥培管理に努めます。
クリスマスローズの秋苗

以後の作業は下記のクリスマスローズの植え替えリンクを参考にしてください。

クリスマスローズの植え替え、初めての開花へ

クリスマスローズの種販売と発送について
月から販売します全てのクリスマスローズの種子は当年度の春に受粉させ採取した種子です。

クリスマスローズの種子は原種・ハイブリットともに採取後、ゴミや未熟な種を取り去り乾燥させた状態にて発送させていただいております。
ご注文いただいてからの発送の季節は夏期高温の時期になりますので、湿らせた状態では殺菌剤を使っても輸送中に腐敗する恐れが起きてきます。
それらの事故を避けるため種は乾燥させた状態にてお送りさせていただいております。
クリスマスローズの種発送時には種まきの方法を記載したプリントを同送いたしますので、そのプリントを参考にクリスマスローズの種を蒔いてください。
種のまき方は原種・ハイブリットの別はありませんので同じ方法にて保存し蒔いてください。

販売期間は5月から8月までとしているのは?。
クリスマスローズはある一定の湿度を保った高温期間を過ごさないと発芽準備に入ってくれません。
北海道から九州までの全国で、その高温期間を確実に種に感じさせるには少なくとも8月末にはお客様の元に届いていなければなりません。
その期間を得るために種の販売は8月で終了させていただいております。

年によってはクリスマスローズの種に高温処理を施した種販売は9月中頃から開始いたします。
高温処理をしたクリスマスローズの種子は、気温が下がって輸送中に種腐敗の心配が無くなった10月中旬よりお客様のもとにお届けいたしますのでクリスマスローズの種まき初心者でも簡単に発芽させることが可能です。5月からの種販売とは異なりまして販売する数や品種はわずかとなったり品切れとなることがありますことをご了承ください。